自分の周りの環境を知る|一人だけの引越しなら単身赴任向けのプランを利用しよう

一人だけの引越しなら単身赴任向けのプランを利用しよう

自分の周りの環境を知る

ダンボール

手土産を持っていこう

引越をしたときに新居の周りへの挨拶は行っておいた方が良いといわれています。いきなり知らない人が住み始めたら「引越してきたんだな」と思う人はいるかもしれませんが、場合によっては変な人がいる、と思われてしまう可能性もゼロではありません。その時には引越しをしました、という挨拶だけではなく、手土産を持っていくようにしましょう。食べて無くなってしまうものや安めの消耗品が適しているといわれており、もともと住んでいた土地が遠方の場合にはその土地の名産のお菓子を持って行ったり、洗剤などもらった人が気兼ねなく使える金額のものをもっていくと良いでしょう。予算は500円〜1000円、大家さんや管理人さんの場合には近所の人の倍程度の金額のものを挨拶の品として持っていくことが多いようです。

今後のために

引越しの挨拶が必要な理由は、長期間住む間には地域の人と会う機会や行事もありますが、そんなときにも顔見知りの人や話ができる人がいるだけでも気分が違います。また、なにか迷惑をかけるようなことがあったとしても、最初にきちんと挨拶をしておけば多少のことは目をつむってくれることが多いからです。そのため、引越しの挨拶は何か迷惑をかけるかもしれあい範囲に挨拶に行くようにしましょう。マンションやアパートなら両隣と自分の部屋の上下の部屋、一戸建てなら左右二軒と向かいの三軒です。自分の家を中心に、ぐるりと周りをかこっている家に挨拶に行くことになります。昔から言われている「向こう三軒両隣」になります。挨拶を行っておくことで自分のすぐそばにどんな人が住んでいるかを確認できるのも、大きなメリットなのではないでしょうか。