一人だけの引越しなら単身赴任向けのプランを利用しよう

信頼できる業者を見つける

ダンボール

東京で引っ越し業者を探すと、大手から中小と膨大な数の業者があがります。その中から安値で信頼できる業者を探す方法は、一括見積もりサービスを利用することです。一度の入力で複数の業者に見積もりを依頼できます。

近距離での移動には

家電

普通引越し業者には頼みづらい同じマンション内などの超近距離引越しには、大型サイズの物だけを運ぶプランがあるのでお勧めします。また東京23区内などの近距離の引越しならキロ数で選べるプランが安くて良いでしょう。

自分の周りの環境を知る

ダンボール

引越しを行った時には、挨拶を行っておくことが大切です。何かあった時にも大きな問題になることがない、というのが一番大きなメリットになりますし、自分の家のすぐそばにどんな人がいるのかをチェックできるのも大きいです。

一人での引越しに

女性

一人なら一人用を

家族から離れて一人で暮らす単身赴任を選んだのならば、現在の家から自身の荷物や家具を持って新たな土地に移動することになります。家族全員で移動するならば荷物がかなり多くなりますので、引越し業者と大きなトラックを呼んで、運んでもらうのが当たり前でしょう。しかし、単身赴任となると荷物の量がぐっと少なくなりますので、大きなトラックは必要ありません。だからといって引越し業者を雇わないのでは、荷物や家具を運ぶのがかなり難しくなってしまうでしょう。一人で運ぶのが難しい量の荷物があるのならば、単身用として設定されている引越し業者のプランの利用をオススメします。一人用に丁度良い人員や自動車が用意されますので、単身赴任に適切なサービスといえるでしょう。

運べる容量の把握を

単身赴任向けのサービスをおこなっている引越し業者はとても多く、テレビコマーシャルを放送している会社ならだいたい用意されています。公式サイトなどで調べれば、名前はそれぞれの会社で違いますが、一人用のプランを簡単に見つけることができます。ただし、持ち運べる荷物の量などが異なりますので、しっかりと容量を調べた上で引越し業者と契約しましょう。大きなトラックを利用するよりもずっと安い費用で利用できるため、単身赴任ならではのお得な引越しができます。なお、インターネットから引越し作業を申し込んだ場合のみに、適応される割引が用意されている場合があります。そのため、単身赴任の引越し費用を節約したいのならば、必ず業者の公式サイトを一度見てから申し込むことをオススメします。